→矢崎藍の連句わーるどtopへ

  KUSARI仲間の作品情報  →~平成25年以降はこちら
KUSARIの年鑑掲載作品、オフ会作品をはじめ、KUSARI仲間が連句界で活躍している作品情報をお届けします。KUSARIの仲間が捌き、主な連衆として参加している作品です。別の結社(グループ名)でだされている場合もあります。(連衆にはKUSARIにはいっていらっしゃらない方も少しまじっている場合もありす)捌き名、作者名も、ハンドルネーム? ペンネーム? ご本名? いろんな名をもってらっしゃる方もありますよ。誰かしら? 誰かしら? でも、KUSARIでどこかでお見かけするかたがほとんどですよ。(入選等作品漏れていることも多いとおもいます。お送りくだされば載せます。但し必ず捌きの方の了承を得てくださいね。連句界では作品の著作権は捌きに属しますので。)

◆平成28(2016)年第31回国民文化祭・あいち文芸祭「連句」大会

 名古屋市長賞
  歌仙「北斎の龍」の巻    捌 石川 葵

 蒼天を北斎の龍昇りけり        石川 葵 
   大地の恵み受けしものの芽    谷本守枝
 靴工房春のデザインとりどりに     矢崎 藍
   FMラヂオ音の程よく             葵
 旅めきて片側町に月の影            枝
   一里さきより匂ふ木犀            藍
京劇の名優揃ふ秋舞台             葵
    駐車違反の切符きられて         枝
  歯の痛む彼のもとへと今すぐに        藍
    君の笑顔は万病に効く          葵
  海で逢ひ海で別るる淡き恋          枝
    線香花火ふっと落ちたり          藍
  夏衣肩揚げを縫ふ母に月           葵
   長押の写真兵卒のまま            枝
  ドローン飛ぶ人は賢くなったのか       藍
    機密文書はシュレッダー行き       葵
  神宿る大樹の桜ゆさゆさと          枝
    駒の孕めば遠きまなざし         藍
ナオ朝寝して今日は何日何曜日          枝
    下宿部屋には有象無象が        葵
  芸術は爆発!てふ書きなぐり        藍
    正体かくす仮面妖しく            枝
  札束でなびかぬ女ボブカット        葵
    キスはディープに銃は冷たく       藍
  雪暗の森の中なる線路跡          枝
    大梟の守る縄張り             葵
  祖父の注ぐ紅茶と祖母の焼くクッキー   藍
    身の丈に合ふ暮らし安らか       枝
  稿終ふる半月の透くあけぼのに      藍
    研究室に満つる爽涼           葵
ナウ三陸の腹太秋刀魚とれ始め         枝
    観光バスで糶を見学           葵
  名刺にはHAIKU POETと記されて   藍
    無明の酒に酔うてをります       葵
  花衣たたむ袖より花弁落ち         枝
    檳榔毛車にとまる蝶々          藍
           平成28年3月8日起首4月16日満尾 文音
 愛知県連句協会会長賞
    歌仙『レントゲン 』の巻  捌 石川 葵 
  
 レントゲン素直に息を止める夏   石川 葵
   気が付けばけふ時の記念日   坂本孝子
  和太鼓の撥の捌きの軽やかに       葵
    岬の洞に響く上げ潮            孝
 光る澪残し彼方へ月の舟           葵
   窓辺に飾るコスモスの壺          孝
 いそいそと秋袷出す母のゐて       葵
    やや気の置ける家元の茶事       孝
  持参金いくらかしらと噂され         葵
   キスばら撒いて降りるタラップ       孝
  主人待つ盲導犬はわき見せず       葵
   寒月白く浴びる聖母子           孝
  熱々の蕪のポトフに癒されて        葵
   五体沈める革のスツール         孝
  達筆の辞職届は引き出しに         葵
   動く字典と綽名されける          孝
  ニーチェ真似神の死告ぐる花の下     葵
    ただかぎろひて原子炉は在り      孝
ナオ壁掛けの農事暦の種おろし         仝
    婆はネットで味噌漬を売る        葵
  人情と少しの欲を天秤に           孝
   妖狐も末は石となりゆく           葵
  反魂香焚く翆帳に雪女郎           孝
   市民大学講師ダンヂィー          葵
  レポートのそれはさながらラヴレター    孝
   駆け落ち先を示すカーナビ         葵
  七十年戦後を遠き國に住み         孝
   幸せ貯金ちやうど満期に          葵
  名月の射し入る堂の般若経         孝
    影は地に揺れ銀の穂薄          葵
ナウ芸術祭コンセプトにはジャポニズム     孝
   ラベルにSAKEと飾り文字書く       葵
  伝説の店の主の髯も老い           孝
    豆屋の軒に住み着いた鳩        葵
  花の雨あした晴れれば叶ふ夢        孝
   モーブカラーの春のスカート         葵
     平成二十七年六月十四日起首八月二十六日満尾・文音
 入選  歌仙「枝垂れ梅」の巻   藤 桂 捌
  枝垂れ梅影も妙なる神の庭   齋藤  桂
    千木突き刺さる料峭の空   名本 敦子
  入社式紺の背広で臨むらん   上田真而子
    メールではなく声が聞きたし      桂
  校了の消灯すれば月指し来        敦
    名残の簾揺れるともなく         而
  柿の名は禅寺丸とや山の宿      桂 
       猫が人気と聞けば猫飼ふ      敦
   独り居の気儘といふが曲者で      而
     少し濃くなる口紅の色         桂
   夢に見る恋は実らぬものらしく      敦
     角を曲がれば新世界なり       而
   友と飲むビールは無論大ジョッキ    桂
     月を慕ひて現るる海亀        而
   三線にあはす島唄なつかしく      敦
    アルバム繰れば時踊り出し      桂
   清水の舞台浮かばせ花花花      而 
    車椅子ゆく囀の中           敦
ナオ いかなごの釘煮上手に出来上がり  桂 
     代わり映えせぬ国会中継       
   通販の広告にまた騙されて       而
    父の遺影の髭がピクリと       桂
    犬橇駆りて目指す北極         而
   駅裏に四柱推命古看板         桂
    離婚の度に艶を増す肌        敦
   角隠し素性も隠し玉の輿        而
     ご隠居様に裏表なく         敦
   月の宴十八番の寿限無はじまりて   桂
    蓮の実飛んで何か気になる      而
ナウ せつかちは「新酒あります」筆太に  桂 
     退屈の顎支へたる腕         敦
    ジーンズを粋に着こなすそのコツは  而
     マリオネットのボランティアたち    
   きらきらと陽差しを弾き花の雨     敦
   そこはかとなく香る草餅 而
    平成二十八年二月十八日 起首 三月十七日 満尾
 入選  歌仙「愛嬌は」の巻     碧 捌
  愛嬌は目鼻で決まる福笑い      碧
    初雀来てさわぐ靴脱       雀羅
  春の風海の香をバス停に       常
    軽い煙草の増える自販機     碧
  気づかれぬ居眠りもある夏の月   羅
    ひとりごと言うレモンスカッシュ  常
 カフェバーの一番奥に指定席     碧
    運命線がいつからか濃く     羅
  処女作で文学賞を掴み取り      常
    厨に佇ちて涙する母       碧
  ほうたるになりて還りし特攻機    羅
    つまくれないの咲き誇る庭    常
  秋袷渋めの帯をきゅっと締め     碧
    和琴の弦に弾かれる月      羅
  街角のからくり人形時告げて     常
    水晶玉で未来占う          碧
  花冷えに鬱の始まる予感あり     羅
    墨くろぐろと鱒の拓本       常
ナオ 工房を新しくする春時雨      碧
    引っ越してきた李さんと猫    羅
  今日もまた爪の手入れを念入りに  常
    魔女が鏡に微笑んでいる     碧
  盗まれたことを知られぬラブレター  羅
    遠ざかり行く枯葉踏む音     常
  賑わいは終大師の露天市       碧
    欠けた小皿も魯山人なり     羅
  ままごとの料理は野草たっぷりと  常
    三人姉妹ときに仲良し      碧
  月満ちて千秋楽の古典劇       常
    秋の半ばの日和定まる      羅
ナウ  長靴を履いて出てゆく栗拾い  碧
    友達欲しい山姥のいて      常
  手足持つフェースブックの中の菌   
    嘘と真とあざなえるごと    碧
  定年の父の笑顔の花の宴       碧
    五重の塔にかかる初虹      常
       2016.1.13 起首 同5.3  満尾
 入選  歌仙  「ピカソの女」   石川  葵捌
  福笑ピカソの女出でにけり     石川 葵
   箸から逃げし黒豆の艶     坂本 孝子
 町工場弁当組は輪になりて        葵 
   バイク便ゆく渋滞を縫ひ         孝
 星空を月渡りをり凪の海          葵
   ひんやりと弾く即興の曲          孝
石榴はじけ母はアルトでもしもしと     葵
   サスペンスには甘い匂ひが       孝
 抱へ帯小型拳銃忍ばせて         葵
  誓紙なんぞはほんの鼻紙         孝
 傷付いたままの御仏坐す寺        葵
   仮設住まひに蚊遣焚く月         孝
 缶ビールつまみ持ち寄る町内会     葵 
   NHKがマイク差し出す          孝
 役者の子見様見真似で見得を切り    葵
   鏡の前で鳴いてみる猫         孝
 はらはらと殉教の碑に花零れ       葵
   ガトーショコラに飾る野すみれ     孝
ナオ ゆく春の伝統に見るモダニズム    仝
    万年筆の蒔絵美し           葵
  調印の落としどころを探り合ひ      孝
    足のびやかに秘書のスリット     葵
  ワンショットグラスが恋の灯を点し    孝
    愛の褥に冬薔薇を敷く         葵
  虎落笛老いし執事は独身で       孝
     診療所には休診の札        葵
  海に沿ふ片側町の軒低く         孝
    肝っ玉太いうちのかみさん      葵
  月今宵取的の手にスマートフォン    孝
    もしかしてこれ毒きのこかも     葵
ナウ 秋高の株の相場に山を張り      孝
    貧乏神は妙に浮き浮き        葵
  風呂敷は物包んだり被ったり      孝
    上用饅頭入れる重箱         葵
  花くぐり三顧の礼に立てる使者     孝
   亀鳴く池に架かる柴橋         葵 
    平成二十七年一月十八日起首三 月二十日満
 入選 歌仙  「土偶の目 」の巻  依子捌
 秋愁を吐きだしている土偶の目     依子
   月の雫を受けて八千草        小葦
 鎌祝おはこ次々きりもなし        妖子
   猫を従え幼児ぐっすり          桂
 夢のせて船ははらりと帆を上げる   七兵衛
   夕焼け空にひとひらの雲       依子
 まだ青き頭の僧の夏衣         小葦
    道を尋ねる歴女グループ       妖子
  気になれど未婚既婚は謎のまま      桂
    いつのまにやら恋の虜に      七兵衛
  やすやすと機密情報漏洩す       依子
   イージス艦が浮かぶ海原       小葦
  ストーブを背にワイン酌む月の夜半   妖子
   狩の話は尽きることなく         桂
  千年の伝説秘める富士樹海    七兵衛
    送信されし画像鮮明          依子
 花守の自負ありありと白い眉       桂
    霞の底に獏と居眠る         小葦
ナオ 空晴れて巣箱を掛ける声響く    妖子
    みんな一緒に開く弁当       七兵衛
   ゆるキャラが笑顔を誘う道の駅    依子
    革のカバンに地図とタウン誌    小葦
  若き日の苦い思い出桜桃忌      妖子
    木下闇の先は神苑           桂
  息荒くジョギングの人駆け抜けて   七兵衛
    熱い眼差し向けるこいさん      依子
  百人が悪く云うから好きになる     小葦
   我田引水猪突猛進          妖子
  月光の湯殿にひびく浪花節      七兵衛
   新酒松茸並びたる膳          桂
ナウ 紅葉山越えてようやく母の里      依子
   妖怪君とかくれんぼする        小葦
  強風に飛ばされて行く白い紙      妖子
    我関せずと伏せる老犬        桂
  花明かり明日はきっと良いことが    依子
    耳にやさしく佐保姫の歌      七兵衛
27年9月10日起首 27年12月20日満尾  インターネット

 入選
  歌仙「申年のまた」の巻  稲垣渥子 捌
 夫逝きし申年のまた梅開く        稲垣渥子
   正座している雛の客人        間瀬芙美
 手離せば風船すいと天井に       矢崎 藍
   パソコン画面なぜかフリーズ     板倉 合
 満月を横切っていく宇宙船       冨田八穂
   柿のすだれを吊す山里           藍
 古文書を読み解きながら濁酒        合
    恋を秘めてる若い禰宜さん        同
  あちこちにハートマークのあふれ出て    芙
   勝利の傷をなめる白猫           藍
  街中にお化け屋敷の建ったげな       芙
   人呼んで寅バナナ売る月          藍
  警報器鳴り出す原発再稼働         渥
   重い荷を負い民はよろよろ         穂
  国境どちらへ行くか右左           芙
   お地蔵さまにあげるおにぎり        藍
  母子して餅花飾る奥座敷           芙
   初鶯の声は軽やか             合
ナオ公園にジャングルジムと鉄棒と       芙
   順番制の町の役員             渥
  飲み会で本音を出してはめ外す       穂
   柱時計の間の抜けて鳴る          合
  逢いたいとメールしてくる雪景色       芙
   ふたりで堕ちたパリの凍蜂         渥
  吹く風に理無き過去の流れいて   深津明子
   弾き手求めるパイプオルガン        合
  復興の海に人々戻りつつ           明
   西京漬けの鮭は好評            合
  こんにゃくを煮付ける鍋に月円か      芙
   敬老の日はいつも肩もみ          同
ナウ尉鶲常連の如物干に             穂
   遠く離れた故郷の山            芙
  開墾の段々畑空にまで            穂
   進学決まりゲーム没頭           明
  花大樹にっこりえ笑まう阿弥陀仏      渥
   蝶のふわりと舞い立てる午後       合
平成28年2月23日起首3月22日満尾  於豊田市福祉センター
 入選  歌仙「ピアス」の巻     齋藤  桂
 夏帽子陽と戯れるピアスかな  齋藤  桂
   沖の白帆を招く玫瑰       岡部七兵衛 
 原稿は今日も早々書き上げ   山根 敬子
   縁に腰掛け碁敵を待つ     城  依子
  望の月影際やかに楠大樹   棚町 未悠
   ちちろの鳴くを真似る幼児        桂
この村に住むと決めたる暮の秋     七
    夫婦茶碗も半世紀過ぎ         敬
 妻いとしいつも天真爛漫に         依
   ハミングしつつ外郎を切る        敬
  グリフィンはふいに翔び立つ凍空へ    未
   くしゃみ一発歪みたる月         依
 若者は化石探しにいま夢中          桂
   山の奥には隠し湯のあり         未
 天国に最も近い花の宿            七
   野点の茶会うららかな午後          敬
ナオ 雁瘡も癒えて明るき友の声        依
   セーヌ河畔を歩もゆるやかに       未
 観劇の余韻にひたり貴腐ワイン       桂
   円座の猫は哲学する様           七
 緑陰に横顔すてきな客のいて          敬
   落とし穴めく禁断の恋            依
 艶話お得意という講談師            未
   老友寄れば過去よみがえり        桂
 病院の待合室の片隅に           七
   英字新聞たたまれたまま         依
  月光をあびて長距離列車去る        敬
  骨董市を漁るやや寒              未
ナウ 仁王門くぐればここも松手入れ      桂
   行き交う人はみんな論客          七
 初めてのジビエ料理に舌鼓         敬
   春を奏でるせせらぎの音          依
 花吹雪狛犬たちを覆うかに          桂
   太極拳ののどかなる影          七
平成二十七年 七月 十六日 起首 十一月二十三日 満尾
入選   歌仙 「玩具たち 」の巻  城 依子捌
 薄暑なり楽を奏でる玩具たち     城 依子
   天道虫の踊り出す頃        山根敬子
 デザインはアルファベットを組み立てて棚町未悠
   描いた夢はとても大きい      岡部七兵衛
  明月は峻嶺の影際立たせ      齋藤  桂
   そぞろに寒き城の石垣          依子
人生を背負えば遠き秋遍路        敬子
   今どこにいるあの時の女         未悠
 君の愛やっと気がつく雨の夜       七兵衛
   いつもゆく街いつも同じで           桂
  フクシマの廃炉作業のままならず      依子
   沖合い遥か船は行き交う         敬子
 月冴えて白猫歩く太鼓橋           未悠
   石焼芋で暖める指            七兵衛
 話好き陽気な人の国訛り           桂
   平均寿命ぐんと伸びそう          依子
 分水嶺包み込まれて花の雲         小町
   お玉杓子のゆらゆらと揺れ       未悠
ナオ 読みかけの太宰を開く春の土手   七兵衛
    無二の親友外国へ発ち         桂
  どこ迄もついて行きます影法師     依子
   ワインバーへと続く地下道       敬子
  半世紀ひたすら生きて悔いもあり    未悠
   耳をつんざく蝉の合唱         七兵衛
  身籠もりしおぼこ娘の麻頭巾       桂
   何だかんだで真珠婚式        依子
 ヤシの木の成長速く屋根を越え     敬子
   南の島に眠る父さん          七兵衛
  自転車を止め月光に身を委ね       依子
    二百二十日は何事もなく        桂
ナウ 豊作に粟稗雑穀よく売れて      未悠
   小さき宇宙包むひと椀         敬子
  遠来の客も混じりて楽しげに     依子
    展望台へ長い石段          桂
 咲き誇る花の中なる大鳥居     七兵衛
   園児の列に揺れる陽炎      未悠
 27年5月15日起首7月3日満尾インターネット
 入選   歌仙「沖縄に」の巻  捌 出原樹音
  沖縄に雪降りにけり声上げて  出原樹音
   マングローブに冬眠のハブ    板倉合
  一斗樽かかえて父は帰るらん  間瀬芙美
   土間に転がる漬物の石     稲垣渥子
  月光をかき分けていくオートバイ 長坂節子
   ぴちぴちジーンズ馬肥ゆる牧   矢崎藍
ゥ 三つ四つとフェンスに下がる烏瓜    合
   無住寺となり久し尼寺       由川慶子
  逢引きを監視カメラが映し出し      渥
   濡れ煎餅の好きな恋人         芙
  江戸百景新大橋は夕立に         藍
   裸足で走る月は気まぐれ         芙
  金銭の授受をごまかす答弁し       芙
   三分経てば煮えるラーメン        渥
  この駅は急行電車通過駅         節
  映画ロケ地となりし故郷          渥
 花万朶琴奨菊のイナバウアー       音
  腕をパチンと叩く春の蚊          藍
ナオ 海岸に歌舞伎役者の絵凧揚げ    渥
   カミングアウトの時見計らう       慶
  高層のビルの谷間に抱く愛        芙
   寒い寒いとすり寄りし猫         節
  その先は神のみぞ知る初御籤      節
   父の声聴く風の楪            芙
  麗けし日本発の元素名          節
   一番人気浅蜊味噌汁          渥
  病院の受付にある小さき雛        節
   忘れられたる折りたたみ傘       慶
  宇宙より俯瞰している地球船       渥
   夢を育てる語り部の月          合
ナウ 宴たける右手(めて)に持ちたる猿酒  慶
  お盆休みはきょうでお終い        芙
 メール来るパリ留学の娘より        渥
  ゴッホの描く街は褐色           芙
 小生はいつも旬です花の山         合
  陽だまりの中飛ぶシャボン玉      執筆
平成二十八年一月二六日 首尾 於 豊田市福祉センター

 入選  歌仙「鬼瓦」の巻     城 依子 捌
  凩に威厳を示す鬼瓦        城 依子
    急ぎ囲炉裏を開く山里      齋藤 桂
  文系が三人額寄せ合いて    八尾暁吉女
   学生寮は夢でいっぱい     岡部七兵衛
 月光につつまれている時計台       桂
   そぞろに寒き街を彷徨        依子
 亡き友を偲び紅葉に浸るらん    七兵衛
   欠伸している猫のイザベル     暁吉女
  みんなみの島でグラスを傾ける   依子
   穏やかな海熱い眼差し         桂
  うっかりと好きと囁き五十年     暁吉女
   丹精込めた松の盆栽        七兵衛
  今日もまたお出ましのよう青蛙      桂
   お化け屋敷にふんわりと月      依子
  寅さんは口笛高くぶらぶらと     七兵衛
   参詣人がカメラ構える        依子
  しだれあり今を盛りの花の山     暁吉女
   心も身をもほぐす麗日         桂
ナオ 艶やかに都踊りは佳境なり     七兵衛
   格子の家の並ぶ町筋        暁吉女
  往来を見下ろしている大鴉        桂
   ひなたぼっこの主婦等饒舌      依子
  ブランドのバックに隠す太鼓焼    七兵衛
   危険な恋は傍迷惑で        暁吉女
  劇場の奈落の底の逢瀬なる       依子
   敏腕刑事汗を拭いつ          桂
  精神科名前を変えてサロン風    暁吉女
   シャガールの絵が壁に掛けられ  依子
  横笛の音の澄み渡る月の庭    七兵衛
    人らは黙し虫も鳴き止む        桂
ナウ 修復の仏師にお茶と干し柿を  暁吉女
   吟醸酒には一家言あり       七兵衛
  異国語の飛び交っている屋形船     依子
   バルーン浮かぶ広い青空        桂
  花浴びて幼稚園児の砂遊び     七兵衛
   春満喫の尾張への旅       暁吉女
27年12月10日起首28年2月3日満尾  インターネット


◆平成27(2015)年・第30回国民文化祭・かごしま文芸祭「連句」大会
 

 文部科学大臣賞                
半歌仙 「母も子も」の巻 捌 石川 葵(愛知県)

 母も子も勝気に生きる冬日かな   石川 葵
   窓辺に飾る蝦蛄葉仙人掌    鳥海 唯 
 遊歩道珈琲の香の漂いて    佐藤ふさ子
   アマチュアバンドのライブ始まる     葵
 あごひげをくっきり照らす望の月      唯
  小枝装う蟷螂の斧             ふ
 秋の湖キャラバンサライ夢の跡      葵
   恋の遍歴重ねアラフォー         唯
 君の傍ずっと居たいとくどかれて     ふ
   阿修羅の像にひそむ激しさ       葵
 鉄棒で大技みごとエース決め        唯
   ピルケースには痛み止めあり     葵
 月の街商談終えて注ぐ麦酒         ふ
   あんばいの良い瓜漬の味        唯
 神棚に 隠すへそくり楽しみで        ふ
   手にのるほどの雛の貝桶        葵
 花びらの舞うさま媼ただ見蕩れ       唯
   開聞岳にかかる初虹           ふ
 平成26年12月9日 起首27年1月27日 満尾 文音
 入選
半歌仙「春一番」の巻  捌 佐藤ふさ子(愛知県)

 バス待ちの衿立て直す春一番 佐藤ふさ子
   黒土匂う市民農園       石川葵
 親猫に甘える仔猫目を細め    鳥海唯
   絵本に合わせ変える声いろ     ふ
 銀河から月へと向かう旅の窓      葵
   膝を抱えて新走り飲む        唯
ゥ 大峰山女人禁制冬隣         ふ
    青道心の捨てきれぬ娑婆     葵
  夢の中ふうわりよぎる紅絹の色    唯
   貂の足跡罠は見抜かれ       ふ
  おじいさんの繰り言を聞くおばあさん 唯
   座敷童は悪戯がすき         ふ
  月明り浜で始まる西瓜割        唯
   蚊取線香僕が係りで          葵
  エアポート鞄が廻るコンベアー     ふ
   物産展の幟あちこち          葵
  花の奥訪ねて花にまた出会い     唯
   佳句のうまれるのどらかな庵     葵
 平成27年2月1日首 3月6日尾  文音
入選    
半歌仙 「残雪に」 の巻      捌 碧(愛知県) 
 
  残雪に触れて戻るや風渡る       碧
   つばくろの来る空の群青       雀羅
  たんぽぽ酒色よき瓶に睡りゐて    常
 テレビ横目に長電話する          碧
  時刻表だけしか持たぬ月の宿      羅
   いびつな花梨床に転がり        常
ウ 妖怪もボスも浮かるるハロウィーン   碧
   まだ代筆の出来ぬ屋根裏       羅
  すぎはひを支へ続ける細い腕      常
    麦わら帽で隠すジェラシー      碧
  噛み砕く氷菓は迷ひ断つ如く      羅
   襲名披露幕の上がつて        常
  響きくる火の用心の路地の月      碧
   冬のブランコペンキぬりたて      羅
  真つ白なお城の見える喫茶店      常 
   地産地消でつくる定食         碧
  おばば等の結ひ頼もしき花の朝     羅
    みそひと文字の旅立ちの春      常
 平成二十七年三月十五日 起首五月四日 満尾 文音
  入選   
半歌仙 「サンバの背ナ」の巻 捌  山根敬子
                       (アメリカ)
夏の蝶サンバの背ナで揺れており 山根敬子
    人で溢れる炎天の街     岡部七兵衛
 博識の友の話はきりもなし      齋藤 桂
   やりたい仕事刀鍛冶とは     棚町未悠
 海茫々そろそろ月が昇る頃      城依子
  鮭のマリネに酒は純米          敬子
 初猟の銃声遠くはやる胸        七兵衛
   氏神様へ今日もお参り           桂
 留学生どこにでも行く人気者        未悠
  優しすぎるが玉に瑕にて        依子
 今でしょと急かれて懲りず再々婚    敬子
  幼稚園かと紛う愛の巣           桂
 満月をじろりと睨むかじけ猫      七兵衛
   蓬莱山にむかう影冴ゆ         未悠
  ジャケットのほつれ繕うこともせず   依子
   ダリの時計はやわらかく溶け      敬子
 花の下まどろむ頬に甘き風          桂
  競漕会に送る声援            未悠
 2014年7月5日起首 尾 8月14日満尾 文音
 
  
 入選
半歌仙「連翹の」の巻 両吟 (京都府・滋賀県)
 
連翹の呼び寄せてゐる真昼の陽 齋藤桂 
   紋白蝶の見えつ隠れつ  上田真而子  
 母と娘と草餅作り楽しげに        桂 
   間遠にカチリ烏鷺の争い       而
 居待月木地師の里は眠りたる      桂 
   やがて囲炉裏の欲しくなる頃    而 
 恵比寿顔思ひて新酒買ひ求め    桂 
   氏も育ちも問はず睦言        而
 老夫婦新婚旅行なぞる旅        桂
   荒き航跡薄れゆく海         〃
 施無畏の手差し伸べ観音佇ち給ふ  而
  はじめはグーとじやんけんの子ら  桂
 連勝のナイター帰り大き月       而 
   友は自慢の薩摩絣で        桂 
  ぎつくり腰魔女が一突きしたさうな  而
   身じろぎもせぬ傍らの猫      桂
  帰り花宇宙への夢ふくらませ     而 
    師弟揃ひて囲む河豚鍋      桂
平成二十七年三月二十六日起首四月八日満尾  文音
  
 入選
半歌仙「いつしかに」の巻  両吟(滋賀県京都府)

いつしかに終の栖やほととぎす 上田真而子
  新茶楽しむ穏やかな日々    齋藤  桂
 無心の射甲矢も乙矢も中るらん      而
  ぶれず迷はず先達の後          桂
 山の撓赤らみ初めて月昇る         而
  わが丈越すか紫苑一群          桂
ハロウィーン化けて正体なほ露      而
  見初めしはパリヴィーナスの前      桂
 甘えても拗ねてもぼんは知らん顔     而
  縁側の猫またもふて寝か         桂
 コンサート和服姿も久し振り         〃
  老いて矍鑠いまも晩酌           而
 凍月にしんと鎮もる峡の里          桂
  ぐつぐつ煮える冬至蒟蒻          而
 テロといふ言葉もいまは映像に       桂
  知覧を訪ね黙す他なし           而
 花盛り飛行機雲はうすれゆく        桂
  賑はひてゐる初磯の浜          執筆
 平成二十七年三月七日 起首同二十四日 満尾 文音
入選
半歌仙「冬日かな」の巻   捌 石川 葵(愛知県) 

 筆一本虚実皮膜の冬日かな        葵
   薄紅色の夢の山茶花       ひろみ
 子供等の缶けり遊びきりもなし       葵
  小さい順に分けるキャンディー      み
 SLの煙にむせる昼の月           葵
   水澄む川の流れ滔滔           み
 ここかしこカメラ据付け鴨来る      葵
   かなりイケメン地方紙の記者      み
  うはばみのあたしが惚れたあんた下戸 葵
    愛の残渣を懐に抱く           み
  お手前の茶筅の音の穏やかに      み
    隣の畑西瓜ごろごろ          葵
  月光に繭となりつつ山蚕         み
    修行の僧の皴の深さよ        葵
  願はくは争ひのない世の中に      み
    紙雛飾る緩和病棟           葵
  みちのくの友の嬉しき花便り       み
    スタッカートで春のハミング      葵
  平成26年11月23日起首 27年2月3日 満尾 文音

◆第51回岐阜市文芸祭連句の部

岐阜市市長賞
 
  表合八句「羽化の蝉」の   捌 石川 葵
けがれなき翡翠色なり羽化の蝉       石川 葵
  命はぐくむ短夜の月           佐藤ふさ子
プレゼンテーション資料の誤字に気が付いて 鳥海唯
  回転ドアで挟む指先                葵
交差する恋さまざまなエアポート          ふ
  彼岸詣の集い賑やか                唯
落花霏霏傾く時代に惜しげなく            葵
 風と肩組み種案山子立つ             ふ
      平成27年6月14日起首7月7日 満尾    文音

◆平成27(2015)年『連句年鑑』(日本連句協会)掲載

めぎつね座 KUSARI     
「たのしい三句たち」

    1月1日(水)    (113316 )
 水面きらきら流れゆく雛              兎
生きていく平凡な日に感謝して          ザリ
  冬の花火で明ける今年も            唯
      1月12日(日)   (113488)
 億万長者過去を語りき          あおゆき
ロック鳥俺を掴んで飛んだのさ        タヌ公
 大草原に象の隊列               蕗
     1月26日(日)  (113694) 
 離婚届は印を押すだけ              麦
タッチの差エレベーターは動き出し       コロン
 花びら渦を巻いて吹き寄せ          タヌ公
       2月22日(土)  (114044) 
 叶わぬ恋を捨てる旅して            コロン
ひとつずつ貴方を脱いでいく私         ひわ
百日紅咲く尼寺の朝              たつみ
       3月10日(日)            (114259)
涅槃図の長虫は身をよじり哭く           兎
  御寺の花にかしこまる猫             藍
ファインダーのぞけば君は居なくなり    カンちゃん
     3月16日(日) (114274)
ボール転がる白い砂浜          カンちゃん
戯れに妻を背負えばこりゃ重い        たつみ
 一歩前へと進む東北            ばらずし
      3月21日(金)  ( 114402)
三年経った淡いつきあい           天球  
シャーレには継代培養された菌       あおゆき
  夕べの学舎遠いフルート            藍 
       3月23日(日)  (114437
ゲレンデはただただ白く広がって   キリマンジャロ
  蚤の糞なる悩みころころ         不用之助
 生真面目に生きローソクの尽きる頃        麦
        3月24日(月)   (114463)
行きずりの男と女ゴンドラに             兎
 縁は異なもの早や50年             ひわ
肉じゃがの味の深まる秋になり          氷心
        3月24日(月)   (114473)
 窓越しに傍観してた夏でした         んにゃ
  マンチェスターは雨似合う街          兎
 妖精の輪が浮き出した芝の上        タヌ公
       3月31日(月)   (114604)
  ホップステップ恋が届いた       おなすさん
 夢銀河ぼくらはずっと笑うだろう      あおゆき
   免疫力が上がるお薬            美句志
      3月31日(月)     (114608)
   棒針編みのモヘアセーター          ザリ
 絡まった人間社会に嫌気さし          ゆづ
   大山椒魚何か言いたげ           ばび
        4月9日(水)    (114727)
 手を握りホットかクールか確かめる        麦
   雪女とは知られたくない            藍
 父が曳く橇は傾くほど楽し             兎
      4月17日(木)  (114853)
 またしてもつまらんことでけんかして   不用之助
   隠しておいたアンパンがない        ザリ
 ヒーローを気取る背中に寒茜        んにゃ
         5月7日(月)   (116355)
 銀河群たれといようと孤独なり     いぬかんむり
   蝉がぽとりとおちてあおのけ         藍
 もういいよもういいようと母の声         唯
         5月11日(日)  (115270)
   国道を行く大型車両              ザリ
 いずこより異形の兵器降臨し         タヌ公
   ノアは静かに扉閉ざした       カンちゃん
    5月24日(土) (115488)
   青瓢箪はとらないでおく       氷心
 ふくらみとくびれできればおとなです コロン
   誘導灯向く夜のトルソー          唯 
      5月26日(月) (115479)
 石の金転がしてちょと買い物に     天球
   モアイもほほと笑う好天     あおゆき
 沖遥かイルカの群れのきらめいて   みのり
      5月26日(月)  (115491)
 クーデターバンコク市民息潜め   うきふぬ
   激しいけれど雨はすぐ止む     氷心
 始まりも終わりも恋は唐突で        唯 
     5月28日(水)  (115575
 夏大根恋の辛さをを思い出し     あずき 
   耳の底には熱きジュテーム       唯 
 セーヌ川男と女の25時          ひわ
     7月4日(水)  (116385)
 きしきしと背骨の軋む恋をして     あずき
   空の果てまで飛び越えた夜      ばび
 儚くも美しい夢星まつり          ひわ
      7月10日(木)  (116398)
   あまたの星が生れし湖      あおゆき
 風かすかコロボックルの一眠り       藍
   朴の落花の白いお椀に       ふうろ
     7月14日(月)  (116457)
 復興の握り拳をポケットに        あずき
   薬缶を鳴らすダルマストーブ      氷心
 雪の夜の発熱の子に寄りそって      コロン
     10月3日(金) (117338)
   入国審査待ったかけられ        のら
 私を置き去りにして飛ぶカモメ        唯
   無駄に明るい今日の夏空      みのり
     10月25日(土) (117608)
   肌を出さずに完全防護       美句志
 蓑虫の恋はとっても難しい        小町
   銀河のティアラ君にあげたい     ザリ
     11月8日(土)  (117620)
   アぺリティフにはさんざしの酒   ばらずし
 無機質のビルを彩る冬花火          合
   くるんでほしい君のコートに      ひわ
     11月10日(月) (117813)
 思い出はやがてデフォルメされて季夏    唯
   月下美人のつかの間の恋      あずき
 少年の頤そっと持ち上げて         小町
      11月12日(水) (117834)
   メタセコイヤの長く引く影         ひわ
 屋根裏を乱歩先生徘徊し           天球
   薄暗くなる室のガス灯            彗
      12月12日(金) (118200)
  子供時代は野をかけめぐり       ばらずし
 長靴を脱げば靴下靴の中           ザリ 
  水虫という虫でない虫             麦 
     12月20日(土)    (118283) 
 少年の吹くハーモニカ風に乗り        ひわ
  あの頃私遅い初恋              ザリ
 山すその白い花咲く林檎園           鶫
      12月31日(水)  (118398)
   
DNAを遡る旅                のら
 耳の下小さなほくろのありどころ        藍
  嫌いじゃないよ噛むようなキス       小町





 平成二十六年一月一日~十二月三十一日
(No.113316~No.118409)より抜粋
 於 HP矢崎藍の連句わーるど総合BBS
愛知 桜花学園大学連句研究会   2015(H27)年鑑
    
連句14 「秋の約束」の巻           捌 矢崎 藍
  金色の秋の約束きょう果たす         ドリー
   髪かきあげて月がまんまる       深津明子
  園庭に松ぼっくり積む車来て            ド
    階段の上猫の集会            ばらずし
  台湾麺屋台の親父リズミカル           明
    アングラテント乾杯の声             々
  編み上げのヒールの高いブーツ赤         ド
    さっきのキスをもう一度だけ            藍
  告白は発車のベルがかき消して       草笛 奏
    炎天の隅よぎりたる蝶              藍 
 ナビにないブラックホールにおちこんで みの虫アッパ
    頼りにしてた汝スマフォよ         喜感謝
 花万朶久遠は君の掌のうちに            奏
    紙風船の夢はとりどり          石川桃里
 
平成二十六年十一月三日首尾 
於 豊田市福祉センター「とよた連句まつり


◆平成26年(2014)年 『連句年鑑』(日本連句協会)掲載

webめぎつね座            
    KUSARI「たのしい三句たち」 

    1月27日(日)      (108214)
  星と星との戦争があり           美句志
絵本閉じおやすみなさいとママのキス    あずき
  チリチリチリと鳴る体温計           藍
    1月31日(木)        (108268)
  ギックリ腰と今日も仲良く          とけた
生かされて生きております草いきれ     あずき
  宇宙の蒼に溶ける青空           小町 
    3月09日(土)        (108784
  沈みし鐘の音のゆらめき         コロン 
朝露にぬれた子馬の細い足      ちいばば
  母の願いは平穏な日々            ザリ
    3月24日(日)         (108970)
  地平線まで続くサバンナ          あずき
逡巡の名残りのように陽が沈む       みのり
 衣抱きしめ独り断腸              合
   3月28日(木)         (109126)
 ほらは吹くべし夢は喰うべし          麦
ボスボラス海峡跨ぐ夏の雲        不用之助
サウナあがりのリクライニング         氷心
     4月08日(金)      (109304)
 嫌いが好きの恋の駆け引き         ザリ
抱きしめているのに心なぜ遠い     カンちゃん
  データ書き換え再起動して       あづさ
     4月13日(土)        (109406)
  活性化する免疫細胞             ばび
意識して心身ほぐす新講座          芳梅
 レジメをまわす手の美しく           ひわ
     5月25日(土)       (110170)
  少し早目の障子貼替             氷心
ジャパネスクスペースコロニー受け継いで  タヌ公
  原発いかがと笑うセールス           藍
      6月08日(土)       (110317)
311後に生きざま問われてる          道草
  危機感薄める刻の悪戯           ひわ
不都合を忘れるアプリ付いてます        コロン
     7月30日(火)        (111045)
脳検査機械の中の孤独感           たつみ
   愛想の好い海の馬いて          あずき
イクメンの竜の落とし子ゆらゆらと       コロン
      8月11日(日)     (111045)
山にはたた神さま怒る音        不用之助
  下の河童はおへそ大好き            兎
食い飽きた家の胡瓜はメタボなり        ザリ
                    

   8月12日(月)      (111390)
 心ときめく不意の待ち伏せ         ゆづ
あんなことこんなことあり夜の汽車       唯
 星の孤独は美しすぎる          あおゆき
    9月5日(木)      (111562)
 ビンテージ物のジーンズの味       あずき
カウボーイハットが弾で吹き飛んで    ばらずし
 土煙たて一陣の風                鶫
    10月01日(火)    (111897)
曼荼羅が右掌に浮かび出て         天球
 心やましいことが三つ四つ           唯
記念日にクルーズの旅プレゼント     美句志
     10月16日(水)   (112117)
国会は多数を恃み暴走し             蕗
 急いで食べる高い牛丼             麦
来し方の反芻迫る年の暮           氷心
    11月13日(水)  (112546)
 聖書と経とコーラン覚え          のら
8000000+α=∞
(やおよろずぷらすあるふぁはむげんだい) んにゃ
多重債務で破産寸前             氷心
     11月17日(日)  (112594
  フィッシャーマンズワーフあざらしの群   藍 
dead or alive撃って心を撃たれおり  あおゆき
 ソウルメイトに惚れちゃいけない       小町
   11月21日(木)      (112639)
脳内のここであくびというご指示    不用之助
 七匹の子を産んだ母豚             麦
たっぷりと麻婆豆腐に葱を入れ        小町
    12月05日(木)   (112884)
 生まれ出でたる新しい島           唯
恋に恋してから恋がままならず  キリマンジャロ
  仮面をつけて奪うくちびる          兎
      12月22日(日)  (113184)
  辞書を忘れたリラの花かげ         藍
柔らかに南南西に風は吹く           ザリ
 鳴いた鳴かぬと取り囲む亀          兎
     12月27日(金)   (113248)
 サル目ヒト科属はKUSARIで        麦
天空の都市に夕陽が沈むころ         小町
 時を越えたる石積みの技           ザリ  

 平成二十五年一月一日~十二月三十一日
(No.107889~No.113316)より抜粋 
 於 H・P 矢崎藍の連句わーるど総合BBS 
◆妖怪尽くし連句14
「百鬼夜行」の巻        捌 矢崎 藍

 秋深し百鬼夜行が集うかな       草笛奏
   おいらは柿だたんたんころりん    ドリー
 そぞろ寒起き抜けの子はのっぺら坊  しげる
   枕返しはちょっと寝不足           奏
 塗り壁がビルの隙間でとおせんぼ    ドリー
   蛍に間違えられた火の玉       ドリー
 あな涼し月を背に飛ぶ吸血鬼        奏
   私ってきれい?口裂け女    みの虫アッパ
 伊右衛門はお茶ではないよお岩さん  喜感謝
   ころぶと怖い送り狼           ばらずし
 森の奧橋にひそんでいるトロル     あき子
   猫バスを待つ雨のバス停         奏
フルートは谺とデユエット花ゆらら      藍  
  一つ目小僧駆けてゆく春        あき子  

平成二十五年十一月三日首尾 於 とよた連句まつり
        連句年鑑 2013(H25)掲載


◆平成26(2014)年国民文化祭あきた文芸祭「連句の祭典」大会

入選 
  半歌仙 「西行忌」の巻  膝送り  

 西行忌献歌一首を吟じけり      芙美  
  花の寺にはほのと墨の香      渥子  
 道標に弥生野越ゆる風吹きて     慶子 
  スポーツバッグに入れし餡パン    芙
月高く決勝戦に負けし夜          渥 
 少し寒げに玄関の犬           慶 
古窯の漏れ火のはねて秋暮るる    芙 
  土練る腕に小さき彫り物        渥 
 その昔カスバに捨てし女のこと     慶
  抱きあふのは眠りつくまで      芙
 酔ひ覚めの水をいつぱい飲み干さむ 渥
  ルンバが回るキッチンの隅      慶
 賑やかな御輿ながむる昼の月      芙 
  戦争だけはごめんだと祖父      渥
 終ひ風呂義足ゆつくり外されて     慶
  海鳴りのする宿の離れ屋       芙
 遠望の富士くつきりと冬桜       渥  
  紙漉の技代々に伝へむ        慶  
平成二十六年三月十三日起首 三月二十三日満尾  文音
入選 
 半歌仙「蕗の薹」の巻    捌 佐藤ふさ子 
  
 季の移り風が知らすや蕗の薹    佐藤総子
   春泥付けて鼻黒き犬         石川 葵
 入園に泣く子笑う子賑やかに         ふ
   汽車の形のバスに乗り込む        葵
 旅かばん異国の月に照らされて   鳥海 唯
   芳香満たし醸す葡萄酒          ふ
 亡き父に秋の叙勲を報告し         葵
   背骨の歪み正すリハビリ        唯
 江戸の町義賊を名乗るねずみ駆け    ふ
   とんぼ返りの影冴え渡る        葵
 スノボーの裏にあなたのイニシャルを   唯
    誤植あちこち恋の指南書        ふ
 髪型を新しくして姉帰省           唯
    雲間の月に放つほうたる        葵
 鐘楼に昇れば遠く波の音          唯
   舐めれば色の変わる飴玉        ふ
 花の蕊天使ほろほろ散らすらん      葵
   バルーンアートにあがる歓声      唯  
平成二十六年一月三十一日起首 三月二十六日満尾 文音
入選
半歌仙「手妻のごとく」の巻   捌 山根敬子

マジシャンの手妻のごとく春の雷  山根 敬子
 身じろぎもせず残雪の山      城  依子
のどらかにくさび形文字写しゐて  棚町 未悠
 うつらうつらはワープの兆し     齋藤  桂
月見酒夢と一緒に酌むならん   岡部七兵衛
 四重奏は街のこほろぎ           敬子
将門の首塚の辺の冷まじく         依子
 武器売る国になりそうな今         未悠
神の鈴鳴らすも恋を知りてより         桂
 ひまわりの中初めてのキス       七兵衛
愛の数かぞえて百の物語          敬子
 豪華客船遠ざかり行く            依子
かあさまの卒寿の祝ひ寒の月        未悠
 暖炉の前で猫はまどろみ           桂
放浪の旅はリスボン安ホテル       七兵衛
 ファドの調べの遠く哀しく          敬子
重箱に自慢の料理花筵           依子
 嬰のえくぼに日差しうららか         桂

平成26年3月3日首 平成26年4月16日尾 文

入選 
   半歌仙「春尽くや」の巻    高山鄭和 捌

 春尽くや大山道の賑はへり      髙山鄭和 
   リュックのややに重き草餅     坂本孝子 
 論文集めくる指先うららかに     鈴木善春 
   研究室に電子化の波        渡辺柚子  
 繊月は星座次々置いて行く      近藤礼子 
   磨いて寝む初猟の銃          孝  
 うそ寒の法話の長き和尚にて       仝  
   フェイスブックでつなぐ人の和      春   
 シルエットだけは自信があるのです    柚   
   恋愛専科免許皆伝            礼   
 剣豪の眼の一閃に倒されて         孝   
  川面に千々と月の涼しく          柚  
 此の年は梅若塚も雪が積み        孝 
   カタカナふって歓びの歌         柚   
 TPP合意も無しに離陸せり         春   
   宇宙旅行の予約上々          礼   
 酔ふほどに夢ふくらます花見酒      春  
  白蝶舞ひて米寿言祝ぐ         礼  
首尾 平成 二十六 年 五 月 四 日
 於 伊勢原シティープラザ(心敬忌)

  

→~平成25年はこちら